カップル恋愛にまつわる夢というのも、とても大切なメッセージを運んできているようです。なかでも、以前にお付き合いしていた人(元彼や元カノ、昔の恋人)や初恋の人、今現在好意を抱いている意中の人や好きな人が夢の中に現れるときには、重要な情報が潜んでいると思っていいでしょう。
また、夢を見るタイミングや、夢を見ることになったきっかけによって吉夢なのか凶夢なのかも分かれてきます。

恋にまつわるトラウマのサイン?

まず、過去の恋愛に関わる夢について解説をします。前に付き合っていた人(元彼、元彼女)が今頃になって夢に出てくるパターンを夢占いするとしたら…… それは、未解決の心の問題や癒されていない傷、恋にまつわるトラウマがあるというサインかもしれません。忘れていたはずの元彼・元彼女がわざわざ夢に登場するというのは、どうしてもあなたが思い出すべき記憶や忘れてはいけない過去の思い出があるというメッセージでもあります。そして、そのまま放っておくと心理的に悪影響があったり、次の新しい恋愛に暗い影を落とす可能性があるかもしれないのです。

何度も昔の恋愛にまつわる夢を見るときには、そこに込められた意味をきちんと理解することが不可欠。なかったことにしたり、忘れることで解決しようとせずに終わった恋(元彼や元彼女)と一度正面から向き合う必要があるのかもしれません。

好きな人が出てくる夢

次は、現在進行形の恋愛にまつわる夢について。あなたの好きな人や気になる異性、ずっと片思いしている人がいて、その相手が夢に出てくるパターンの解説です。たとえ夢であっても、好きな人が出てくれば嬉しいですよね。現実には出来ないことが二人で出来たり、とても面と向かっては言えないことが口にできたり、あるいは、好きな人から思わぬ言葉をかけてもらったりと「好きな人」の出てくる夢はあなたの恋心をパワフルにしてくれることでしょう。

とはいうものの、好きな人が夢でひどいセリフを吐いたり、あなたに冷たく接していたら夢から醒めてもショックだったり、落ち込んだりすることもありますね。本気で思っているほど、夢がもたらす影響も大きくなるでしょう。

でも夢占い的に解説するなら好きな人が登場する嬉しい夢、悲しい夢、ショッキングな展開の夢。そのどれもに、重要な意味があります。現実に起こりえる恋愛ドラマの予行練習を夢でしていることもありますし、好きな人が隠している本音を夢があなたにそっと告げている場合もあるのです。