袖をつかむ彼女恋愛に関して気になる夢を見たとき、夢診断をしてみると思わぬことがわかってきたりします。
目が覚めて「好きな人が出てくる嬉しい夢!」と単純に思って、「ああ幸せだなあ」で終わってしまうような夢でも、実は夢診断をしてみると深い意味を持っていたりすることがあるのです。場合によっては、恋愛関係について解き明かす以上の意味を持つ結果が出てくることもあります。夢診断の世界では、「たかが恋愛、されど恋愛」なのです。
しかし、夢診断をすると一口にいっても、簡単なことではなさそう……どうしたらいいんだろう?という人が多いと思います。そこで、ここでは夢診断をするために必要なことについてまとめてみたいと思います。

夢診断の方法

現在、夢診断の方法論はおおむね固められています。
たとえば、恋愛の夢に登場する「キス」や「セックス」といったシチュエーション、出来事にそれぞれどのような意味があるのか、「昔の恋人」「現在の恋人」は何を象徴しているのか明らかになっています。
個々の意味は明らかになっているので、あとは、たとえば「キス」+「現在の恋人」であなたの恋愛の状況を表す診断結果を導き出すことができます。

夢の中で何が起きたかを明らかに

というわけで、夢診断を行うときは、まずは「夢の中に誰が出てきたか」「夢の中で何が起きたか」を明らかにすることが大事だといえるでしょう。特に、目が覚めてもしばらくは覚えているような印象深い出来事や人物は、夢診断を行ううえで重要な存在です。
また、たとえば夢の中で「昔の恋人とキスをする」という出来事があったとき、夢の中ではどんな気持ちだったか覚えておくのも大いに参考になります。同じシチュエーションでも、それに対する感情がプラスであったかマイナスであったかによって、夢診断の結果は大きく変わってくることがあるのです。
たとえば、昔の恋人にキスをされた夢を見たとき、いい気分だったか、それともそうでなかったか覚えておくと、より正確な夢診断を行うことができるでしょう。